ライフスタイルでリノベーションする


リノベーションの基礎

子どもが主役の家にするリノベーション

子どもが主役の家にするリノベーション 新築物件の高騰の影響で中古物件のリノベーションが注目されるようになってきました。
新築で施主の意向を反映するより価格も低く済むという点は、何かとお金のかかる子育て世代にとってはメリットであると言えます。
子どもが主役の家にするリノベーションでは、子どもの成長過程に合わせて空間デザインできるフレキシビリティが大切です。
まだこどもが小さいうちは親が家事をしながら見守ることのできる死角の少ない広々した空間が適しています。
そして学校へ通うようになって勉強するシーンが出てきたら最初のうちはダイニングのテーブルで親が勉強を見てあげられるよう、周囲に勉強道具を収納できるスペースを備えたデザインが適しています。
さらに大きくなると自室で勉強するようにもなりますが こどもによっては誘惑の少ない外部の自習室を好む場合もありますので、部屋は寝ることだけを目的とした寝室と自習室のような部屋に分けても良いでしょう。
このように子供が主役になるようなリノベーションではフレキシブルな間取りが可能なものが有効と言えます。

ライフスタイルでリノベーションする

ライフスタイルでリノベーションする ライフスタイルでリノベーションすることで生活に潤いをもたせることができます。
子育てを卒業した世代はライフスタイルが大きく変わることでもっともリノベーションが有効な世代と言えます。
夫婦の生活になることで、それぞれが自分の持つ時間が多くなり趣味を充実させたり、お客様を家に呼ぶことが増えることもあります。
リノベーションでは大きな工事で間取りや水回りを変更することができます。
キッチンを壁から離し部屋の中央方向へ設置するタイプのアイランド型キッチンにすることで客人も気兼ねなくキッチンに立つことができ、ホストだけがキッチンに引き込むようなかたちからみんなで団欒を楽しめるリビングダイニングを実現できます。
そして趣味に合わせてオーディオルームやアトリエなどの自室をもつことで、引退世代のもてあましがちな時間を有効に活用し、必要以上に干渉し合うことなく快適な暮らしを可能にします。
第二の人生を生き生きとしたものにするためにも、ライフスタイルでリノベーションすることは有意義であると言えます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

Copyright 2017 リノベーションの基礎 All Rights Reserved.