打ち合わせは入念に


リノベーションの基礎

打ち合わせは入念に

打ち合わせは入念に 古くなった家を改築するリノベーションが近年、注目を集めています。
いつまでも快適に暮らしたいなどのニーズの高まりがその理由として挙げられます。
こうした状況を受けて、リノベーションを専門的に扱う会社も多数展開しており、多くの人が利用しています。
専門会社を利用する際に重要なのが、入念な打ち合わせをすることです。
通常、はじめに専門会社の担当者と施工方法について話し合い、その施工方法に基づいて実際にリノベーションが実施されることとなります。
施工中に変更することも可能な場合もありますが、多くの場合はその打ち合わせが終了したら専門会社において資材や人員を確保する関係上、施工中に施工方法を変更することはできません。
従って、打ち合わせにおいて十分に詰めておくことが重要となります。
逆に言えば、この段階で希望する内容を漏らさずに担当者へ伝えていくことが、理想的なリノベーションを実施する上では必要不可欠となります。

リノベーションは自治体に申請する必要はあるの?

リノベーションは自治体に申請する必要はあるの? 近年は古くなった家を快適に暮らすべく、リノベーションする人が増えてきています。
リノベーションというと新築の家を建てるときとは異なり、特段自治体への申請は不要のように考えている人が多くいますが、これは誤りです。
リノベーションであっても一定の要件を満たした場合には申請が必要となってきます。
例えば戸建て住宅の場合、面積を増やすリノベーションは自治体へ確認申請が必要となります。
また大規模修繕などによって主要構造部を1/2以上変更する場合も同様に確認申請が必要です。
これらの申請を行わずに施工した場合、自治体から施工中止の指導が入りますので、施工する際には十分注意が必要となります。
一方、外壁の塗り替えや家具の造作、キッチンなどの住宅設備の変更については確認申請の必要はありません。
以上は一般論の話ですので、素人が判断すると間違う恐れがあります。
従って個々のケースにおいて具体的に申請が必要かどうかは施工会社もしくは役所へ相談することが必須となります。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

Copyright 2017 リノベーションの基礎 All Rights Reserved.